朝、お洗濯を干していたら、母の透析の病院からお電話。

血小板の数値が低いので、急性期総合医療センターに検査に行くようにと連絡。

透析が終わる時間に病院に迎えに行き、そのまま病院に。
血小板が少ないと、透析もできなくなるそうです

一応、検査と治療で高齢と言うことも考えて、1、2週間は入院した方が良いでしょうとなり、母に説明しましたが、身体はどこもしんどくないので、いやだ帰ると聞きません。父の事が心配だからと。

おじいちゃんの事は、ちゃんと面倒診るから大丈夫よと言っても、いつまで一緒に過ごせるかわからないから一緒に居たいと。

先生、看護士さんも、今帰ったら大変な事になるから、そんなに長い入院じゃないからと、皆でなだめて、なんとか治療入院してくれました。
認知も進んでいます。

私が帰る時には、機嫌よく看護士さんの言われる事に従っていましたから、大丈夫ですよ、こちらでみますからと言われ帰宅しました。

帰宅してから、少し休んで、今夜はお惣菜を買って夕飯を済ませました。

ちょうど、郵便受けに本が届いていました。


パラパラと本をめくりながら、なんだか、色々考えてしまい、何かしないと落ち着かなくて、あちこち片付けたり、何か縫いたくなり、ミシンで縫いかけていたものの続きを無心に走りました。


70年近く一緒に過ごしてきた両親。母が言った、じいちゃんと私は残り少ないのだから離れるのがいやだと言う言葉になんとも言えないものを感じています。

明日も母とゆっくり話をしてきます。

いつも応援して戴きありがとうございます。
ポチしていただけるとうれしいです(*^^*)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

2016.08.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://sunnyquilt.blog.fc2.com/tb.php/1466-708f572c
まとめ